雨安居明けのあとのお祭り

雨安居明けのあとのお祭り


uRIMG0821.jpg


徳宏州の州都では東南アジアで一番でかい仏塔を建設中。貿易や麻薬のイメージが強いのと、西双版納に比べて旅行業がいまいち活性化していないため、州政府はいろいろがんばっているのである。そういえば、雲南一か西部一か、中国一?でかいとか言う広場も作っている。

町外れでも平地の建物のほとんどが漢族式なので、国内旅行者にとってはいまいち「エキゾチック」な興味と好奇心がかき立てられないとか。

続きを読む