中国雲南、タイ、ラオス、ビルマの人、生活、そして音楽。 ひょうたん笛(葫芦絲)演奏者が綴る「おと」、「ことば」  
お知らせ
 
 ☆ 国立民族学博物館にてマルチメディア番組『徳宏タイ族のうた』公開中
    (2010年6月より みんぱくビデオテーク)

 ☆ 「これまでのライブ履歴」

 ☆ フルス(葫芦丝)注文の仲介します
   春の注文は締切ました。
   次の引渡しは2016年秋以降になります。お問い合わせください。
   詳細は『コチラ』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイ族の新年

piimai200600.jpg


 タイ・ヤイやタイ・マオなどビルマや中国側のタイ族の新年は西暦で言う11月頃である。
一般的にタイ系民族の新年といえばタイやラオスの「水掛け祭り」が思いつくが、本当の新年は11月頃だという。
 今回、機会があったのでチェンマイで開かれたタイヤイの新年に参加した。本当ならメーホンソンまで行って参加すればよかったのだが、タイペースにどっぷりつかっていたため予定の計画がたたなかった。いやその選択を忘れてた。
 というわけで、今回はチェンマイにあるタイヤイのお寺「ワット・グータオ」にて新年を過ごすことになった。
 ちなみにメロンが重なったジェディ(仏塔)が有名なお寺。現在本堂は新築中で、本当なら新年に間に合わせる予定だったのだろうけど、もちろんタイなので間に合わず、ンーペンサン(マイペンライ)と厳かであるはずの新年の行事に間に合わなかった非を一蹴してしまう。

piimai200601.jpg
[タイ族の新年]の続きを読む
スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 
 
 

copyright © 2006 People, Life and MUSIC all rights reserved.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。