友人とひょうたん笛-ビルマのフルス-を作る

先日、タイ族の友人のところに行って古いタイプのひょうたん笛のレプリカを作ってみた。

僕の友人は笛の先生の兄の息子にあたる。最近村から上京してきて、笛の先生の工房の「フルス(葫芦絲)」―ひょうたん笛、の制作を手伝っている。

彼はまだ20代半ばの青年。酒もタバコもたしなまない、珍しい青年である。僕のよく行く村のタイ族の若者といえば酒をたらふく飲んで騒ぐものが多いのだが、感じではどちらかというと、ビルマやタイにいるタイ族の人たちのような、おっとりとして、酒やタバコにおぼれない感じだ。

続きを読む