中国雲南、タイ、ラオス、ビルマの人、生活、そして音楽。 ひょうたん笛(葫芦絲)演奏者が綴る「おと」、「ことば」  
お知らせ
 
 ☆ 国立民族学博物館にてマルチメディア番組『徳宏タイ族のうた』公開中
    (2010年6月より みんぱくビデオテーク)

 ☆ 「これまでのライブ履歴」

 ☆ フルス(葫芦丝)注文の仲介します
   春の注文は締切ました。
   次の引渡しは2016年秋以降になります。お問い合わせください。
   詳細は『コチラ』
今年の2月、僕の親友がまた一人結婚した。

7年くらい前に昆明の雲南民族大学(当時は学院)で勉強していた彼と僕はひょうたん笛の先生の家で出会った。

笛の先生と同じ郷鎮の出身でタイ族だ。

僕は彼の村には何度も訪れている。いついっても、とてもとても美しい村だと感じてしまう。

RIMG15782.jpg


盆地を横断するように流れる川を渡し船でわたり、竹やぶの道をしばらく歩いていく。視界が開けたその目の前に広がる畑の向こうに村がひっそりとある。

冬の霧に包まれた面影も美しい。
真夏の灼熱の碧い空のもとにたたずむ村も美しい。
雨季の入道雲が広がる青空を風景にある村も美しい。

 
 
 
 
 
 
 
 

copyright © 2006 People, Life and MUSIC all rights reserved.