中国雲南、タイ、ラオス、ビルマの人、生活、そして音楽。 ひょうたん笛(葫芦絲)演奏者が綴る「おと」、「ことば」  
お知らせ
 
 ☆ 国立民族学博物館にてマルチメディア番組『徳宏タイ族のうた』公開中
    (2010年6月より みんぱくビデオテーク)

 ☆ 「これまでのライブ履歴」

 ☆ フルス(葫芦丝)注文の仲介します
   春の注文は締切ました。
   次の引渡しは2016年秋以降になります。お問い合わせください。
   詳細は『コチラ』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
竹と共に生きる 

日本から戻り、落ち着くまもなく忙しく日々が過ぎていった気がする。
こちらも夏。雨季に入っている。山が近くに、はっきり見えるような日々が続く。たまに夕焼けが空に広がって雲の陰と太陽の紅の陽射しがうっとりするような景観を創ってくれる。

なんだかんだずっとタイミングが悪くて買っていなかったバイクも手に入れた。
風を切って走る!でもあちこち開発で砂を積んだトラックが猛スピードで走っていて、砂埃がすごい。

最近、タイ族の母の生まれ故郷の親戚の家に厄介になっている。村のあるおじいさんから竹細工を習うために。

「私の息子をよろしく。」それだけ言い残してタイ族の母は忙しく頼まれた「功徳書(お経)」を書くために毎日あちこち飛び回っている。

IMG_0057.jpg



[竹と共に生きる]の続きを読む
スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 
 
 

copyright © 2006 People, Life and MUSIC all rights reserved.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。