中国雲南、タイ、ラオス、ビルマの人、生活、そして音楽。 ひょうたん笛(葫芦絲)演奏者が綴る「おと」、「ことば」  
お知らせ
 
 ☆ 国立民族学博物館にてマルチメディア番組『徳宏タイ族のうた』公開中
    (2010年6月より みんぱくビデオテーク)

 ☆ 「これまでのライブ履歴」

 ☆ フルス(葫芦丝)注文の仲介します
   春の注文は締切ました。
   次の引渡しは2016年秋以降になります。お問い合わせください。
   詳細は『コチラ』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰国。

4月17日、雲南より日本に帰国した。

その数日は村の老人たちをまわって挨拶したり、昆明についてもお世話になった人たちに挨拶をしたり、忙しく時間が過ぎた。

僕がタイ族の母の家を離れる日もなんとなく、時間はすぐに過ぎた。この10日くらい前からカチンのお父さんは酒に酔ってまともに話もできなかった。一度飲み始めると身体の調子が悪くなるまで飲み続ける。ちょうどこの日にようやく風が悪化したか、酒を飲むのをやめおとなしく身体を横にしていた。

だからゆっくり話もできなかった。

お母さんも相変わらず、ぱたぱたと用事をこなす。

姉のランもいつものように寝坊をして起きてくると心はボーっとどこかに飛んでいってしまっていた。

闖入者の僕は旅立たなければならない。




[帰国 ――日常は止まらない]の続きを読む
スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 
 
 

copyright © 2006 People, Life and MUSIC all rights reserved.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。