帰国 ――日常は止まらない

帰国。

4月17日、雲南より日本に帰国した。

その数日は村の老人たちをまわって挨拶したり、昆明についてもお世話になった人たちに挨拶をしたり、忙しく時間が過ぎた。

僕がタイ族の母の家を離れる日もなんとなく、時間はすぐに過ぎた。この10日くらい前からカチンのお父さんは酒に酔ってまともに話もできなかった。一度飲み始めると身体の調子が悪くなるまで飲み続ける。ちょうどこの日にようやく風が悪化したか、酒を飲むのをやめおとなしく身体を横にしていた。

だからゆっくり話もできなかった。

お母さんも相変わらず、ぱたぱたと用事をこなす。

姉のランもいつものように寝坊をして起きてくると心はボーっとどこかに飛んでいってしまっていた。

闖入者の僕は旅立たなければならない。




続きを読む