中国雲南、タイ、ラオス、ビルマの人、生活、そして音楽。 ひょうたん笛(葫芦絲)演奏者が綴る「おと」、「ことば」  
お知らせ
 
 ☆ 国立民族学博物館にてマルチメディア番組『徳宏タイ族のうた』公開中
    (2010年6月より みんぱくビデオテーク)

 ☆ 「これまでのライブ履歴」

 ☆ フルス(葫芦丝)注文の仲介します
   春の注文は締切ました。
   次の引渡しは2016年秋以降になります。お問い合わせください。
   詳細は『コチラ』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音で触れる 音に触れる


音楽する、とはいったいどういうことだろう。
長らくひょうたん笛を演奏していても、いまだにその根っこの、さらにその先の何かが、わかるようで、わからない。

もうずっとCDを聴いていない。
日本に戻ってきたら、いやでもスピーカーの音の世界に浸ってしまうが、自分から音楽を聴こうという気にはならない。だから家にはテレビもラジオもおいていない。

日本を離れて暮らしてから、スピーカーの音の聴取を身体が受け付けない時期があった。
それも、ひょうたん笛を自分で演奏するようになってからだった。

今でも演奏でマイクを通すことに抵抗がある。
やはり、一番いいのは「生」音だ。

ライブを聴いていても、生の音の暖かさ、優しさ、柔らかさが、直に音を聴く僕を包み込んでくれる。

いや、きっと包み込むのではない。
音がそこから聴こえてくるのではなく、僕の身体のなかに鳴っている。
僕の身体のなかで動き、僕の心に触れる。

RIMG3023.jpg

[音で触れる 音に触れる]の続きを読む
スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 
 
 

copyright © 2006 People, Life and MUSIC all rights reserved.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。