中国雲南、タイ、ラオス、ビルマの人、生活、そして音楽。 ひょうたん笛(葫芦絲)演奏者が綴る「おと」、「ことば」  
お知らせ
 
 ☆ 国立民族学博物館にてマルチメディア番組『徳宏タイ族のうた』公開中
    (2010年6月より みんぱくビデオテーク)

 ☆ 「これまでのライブ履歴」

 ☆ フルス(葫芦丝)注文の仲介します
   春の注文は締切ました。
   次の引渡しは2016年秋以降になります。お問い合わせください。
   詳細は『コチラ』
知性と感覚

夏はうんと早起きな僕ですが、寒くなるといつもどおり眼が覚めても布団から抜け出せず、二度寝してしまいます。

布団のなかでももぞとしながら「音楽」について少し思いをめぐらしてみた。
常に答えがでない「楽しみ方」について。

神の存在と真理の発見を求めて洗練されてきた西欧の音楽の数学的な、知性による楽しみ方。

アジアでは、普段は伝達のために明確に意味をもった言葉が、旋律をともなう「うた」になるとき、僕らの頭にはいってくるのは曖昧な意味のつらなりの詩、感覚と想像で理解しようとする「楽しみ方」。


IMG_1729.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 

copyright © 2006 People, Life and MUSIC all rights reserved.