中国雲南、タイ、ラオス、ビルマの人、生活、そして音楽。 ひょうたん笛(葫芦絲)演奏者が綴る「おと」、「ことば」  
お知らせ
 
 ☆ 国立民族学博物館にてマルチメディア番組『徳宏タイ族のうた』公開中
    (2010年6月より みんぱくビデオテーク)

 ☆ 「これまでのライブ履歴」

 ☆ フルス(葫芦丝)注文の仲介します
   春の注文は締切ました。
   次の引渡しは2016年秋以降になります。お問い合わせください。
   詳細は『コチラ』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妖術のにおい ③


もうひとつの噂話は、僕が竹細工を習っていたイェサムじいさんの妻についてだった。イェサムじいさんは、とてもいい人なのだが、この奥さんはとても口数が多く、文句や不平をよくこぼす。

この女性の文句や不平は村でも評判で、僕がイェサムじいさんから竹細工を習っているときも、周りから「あの口うるさいばあさんと付き合うのは大変だろう」と言われたものだった。いつだったか、日本に一時帰国して立派なお土産を持って訪問した後日、他の村人から、そのおばあさんが「私はアーイバオ(僕のこと)から日本の『五円玉』を貰っていない」という不満を口にしていたことを知った。猜疑心も強いおばあさんは、たまに家の門の前に石灰で結界をはって悪いピーが入らないようにしたりする。ワン母は「今の時代は皆気にしなくなって入るが、ああいう女性がピープーだって皆が噂するんだよ」と僕に言った。


      IMG_2590.jpg
写真: 街中の一本の木。
あるとき、道路拡張のために伐採される直前、木の精霊(?)が住人に憑依し、呪いの脅しことばが語られたという。


[妖術のにおい ③]の続きを読む
スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 
 
 

copyright © 2006 People, Life and MUSIC all rights reserved.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。