中国雲南、タイ、ラオス、ビルマの人、生活、そして音楽。 ひょうたん笛(葫芦絲)演奏者が綴る「おと」、「ことば」  
お知らせ
 
 ☆ 国立民族学博物館にてマルチメディア番組『徳宏タイ族のうた』公開中
    (2010年6月より みんぱくビデオテーク)

 ☆ 「これまでのライブ履歴」

 ☆ フルス(葫芦丝)注文の仲介します
   春の注文は締切ました。
   次の引渡しは2016年秋以降になります。お問い合わせください。
   詳細は『コチラ』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シャマンと対決する 4


僕らは先に彼女の実家について、彼女がこちらに来るまでその家族となごやかな雰囲気のなかで談笑した。

僕は初め不安だった。
シャマンが守護霊を憑依させて日本語をしゃべるなんて、ありえない...。
もし、僕がそのことばを解らなかったら、シャマンあるいは彼女は怒り出すんじゃないのか?

運転手は気にしなくていい、と言う。
ワン母も同感で、
「もし彼女の嘘がばれたら、それは善いことだ。誰もだまされなくなる。」

運転手は
「彼女は本当に信じているんだ。自分に憑依する守護霊が彼女の身体を借りてしゃべることばが日本語だって。もし日本人のおまえが聞いても解らなければ、彼女も考えるだろうさ。俺は正直言うと信じないけどね。」





[シャマンと対決する 4]の続きを読む
スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 
 
 

copyright © 2006 People, Life and MUSIC all rights reserved.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。