中国雲南、タイ、ラオス、ビルマの人、生活、そして音楽。 ひょうたん笛(葫芦絲)演奏者が綴る「おと」、「ことば」  
お知らせ
 
 ☆ 国立民族学博物館にてマルチメディア番組『徳宏タイ族のうた』公開中
    (2010年6月より みんぱくビデオテーク)

 ☆ 「これまでのライブ履歴」

 ☆ フルス(葫芦丝)注文の仲介します
   春の注文は締切ました。
   次の引渡しは2016年秋以降になります。お問い合わせください。
   詳細は『コチラ』
古いひょうたん笛―ドァン族のブロイ、タイ・ヤイ(シャン)のビーホァム


しばらく忙しくて記事を書く余裕がありませんでした。

今日は、僕がときどき演奏している古いひょうたん笛(中国語:フルス)を紹介します。
マイクをつかうような演奏会ではめったに用いませんが、こじんまりした演奏会では特徴的な音を聴いてもらいたくて演奏します。

簡単な紹介ですが、とりあげるのは中国雲南省やビルマに住むダアン族(徳昴族)あるいはパラウン族が使っていた「ブロイ」と、おとなりビルマのタイ・ヤイ(シャン)や雲南省耿馬地域のタイ族が使っていた「ビーホァム」です。

   B2012hulusi004.jpg
 ※ 上がダアン族のブロイ、下がシャンのビーホァム。
 
 
 
 
 
 
 
 

copyright © 2006 People, Life and MUSIC all rights reserved.