中国雲南、タイ、ラオス、ビルマの人、生活、そして音楽。 ひょうたん笛(葫芦絲)演奏者が綴る「おと」、「ことば」  
お知らせ
 
 ☆ 国立民族学博物館にてマルチメディア番組『徳宏タイ族のうた』公開中
    (2010年6月より みんぱくビデオテーク)

 ☆ 「これまでのライブ履歴」

 ☆ フルス(葫芦丝)注文の仲介します
   春の注文は締切ました。
   次の引渡しは2016年秋以降になります。お問い合わせください。
   詳細は『コチラ』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイ族の布 ③ 機織の音

機織の綜絖の錘がぶつかりあい、ころんからん、と澄んだ音が響く。
かつて、夜には村の娘の機織の音が響き、外では娘に語りかけるひょうたん笛の音色が鳴っていたのだろう。

「知っている男の子の笛の音色が聞こえたら、がんばって大きな音で機織をしたものだよ」
という老女の笑顔を思い出す。




筬(おさ)を押し引きする音、刀杼(トウジョ)または箆(へら)を打つ音、そして踏木を踏み、綜絖が上下して錘がぶつかり合う音。

ここちよい音を響かせながら布を織りました。

映像も改めてアップします。
スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 
 
 

copyright © 2006 People, Life and MUSIC all rights reserved.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。