中国雲南、タイ、ラオス、ビルマの人、生活、そして音楽。 ひょうたん笛(葫芦絲)演奏者が綴る「おと」、「ことば」  
みんぱくビデオテークの新番組公開

こんにちは。

真夏日がつづきますね。最近、大阪・国立民族学博物館こと、みんぱくのビデオテークに新番組が加わりました。


6045.jpg


新しい番組は、2008年春に現地からお招きしたタイ族のお母さんたち3人のうたと踊りのビデオ番組です。

ようやく公開されることになりました。

字幕制作・訳もろもろを僕が担当させてもらいました。マルチメディアのデザインはみんぱくが制作しました。
みんぱくの展示場2階にさまざまなビデオ番組を見ることが出来る場所があります。そちらでご自由にご覧いただけます。
みんぱくにお越しのさいは、是非のぞいてみてください。

今回の番組は、みんぱくでおそらく初めて、日本語―少数民族文字―発音表記でうたの歌詞を表示して参照できるようにしました。将来、タイ族の人がやってきてこの番組を見たとき、タイ族文字の表記があることに驚かれるのではないでしょうか。

僕のライブでひょうたん笛のメロディーを聴かれたことがある方々なら、この番組のうたを聴いて、どこかで聴いたことがあるメロディーと思うかもしれません。

ひょうたん笛はもともと様々な即興民謡のメロディを演奏するものですので、本場の民間歌手ワンシャンヤー母君のうたを聴けば、ひょうたん笛の秘密がわかるかもしれません。


番組番号 6045

『徳宏タイ族のうた』

-分 2008年撮影 2010年制作

監修:横山廣子

地域:中国地域

テーマ:音楽/おどりと演劇

即興うたなど、生活のさまざまな場面でうたわれ、彼らの世界観を感情豊かに表現するうたを、その代表的な踊りとともに紹介する。


コメント
素晴らしい
快挙ですね・・
近々ぜひビデオを見に出掛けたいものです・!
ビデオ製作ご苦労様でした。
ダイ文字の基本教科書みたいなものはあるのでしょうか?
もちろんすいすい読めるまでは行かなくても、どんな文字
構造か知りたいなあと改めて思いました!!
 
 
2010/08/13(金) 09:52 | URL | みゃう #Ei04aunU[ 編集]
今回は新しい文字をつかているので、ちょっとみれば覚えられますよ。
 
 
2010/08/17(火) 08:22 | URL | ひょうたん笛 #-[ 編集]
 なんと、もう2年前なのですね。時の流れは速いです。
 あのときの歌の意味がわかるのはうれしいです。いつ行けるかわかりませんが、ぜひぜひ、見に行きたいと思います。
 タイ族の文字があるのですね。こちらも楽しみです。
 
 
2010/08/17(火) 22:01 | URL | manami #cek4bRLA[ 編集]
じっくり見てみます
なるほど、伝統的なものと、新しく?整理されたものがあるのですね。
でも「じっと見てれば」すぐ分かるほど覚えは早くないですが、
街で撮った住所などの文字、もういちど「じっくり見て」予習しておきます~
ネット上にもありませんかね・・というかいつの日か作っていただけたら・・
などと勝手なお願いでした。
 
 
2010/08/20(金) 08:47 | URL | みゃう #Ei04aunU[ 編集]
Re: タイトルなし
manami さん

当時、舞台でうたったうたは使っていませんが、その後に記録として再度うたってもらったものもあります。さすがに即興なので、厳密には同じではありませんが。
機会があったらぜひおききください。

>  なんと、もう2年前なのですね。時の流れは速いです。
>  あのときの歌の意味がわかるのはうれしいです。いつ行けるかわかりませんが、ぜひぜひ、見に行きたいと思います。
>  タイ族の文字があるのですね。こちらも楽しみです。
 
 
2010/08/21(土) 08:25 | URL | ひょうたん笛 #-[ 編集]
コメントの投稿
 
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://asianmusic.blog50.fc2.com/tb.php/119-4a5b6f4e
この記事にトラックバックする
 
 
 
 
 
 
 
 

copyright © 2006 People, Life and MUSIC all rights reserved.