中国雲南、タイ、ラオス、ビルマの人、生活、そして音楽。 ひょうたん笛(葫芦絲)演奏者が綴る「おと」、「ことば」  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『…
まどろみかけた私の眼に、海辺の広い緑の砂地がうかんでくる。
その紺碧の空には、金色の丸い月がかかっている。

思うに希望とは、もともとあるものともいえぬし、ないものともいえない。
それは地上の道のようなものである。
もともと地上に道はない。
歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。
                             …』


希望はあるのでしょうか?
ただ、心に焼きついた、あるいは消えかけた、私の心や感覚を熱くする情景が、心の中にのこっているのなら、
それを忘れないでほしい。
そして、きっと私の、あなたのそばにも、誰か同じ感情を抱く人がいることを。

宮城県名取市閖上地区13日午前10時57分 恒成利幸撮影

コメント
コメントの投稿
 
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://asianmusic.blog50.fc2.com/tb.php/139-49a67df1
この記事にトラックバックする
 
 
 
 
 
 
 
 

copyright © 2006 People, Life and MUSIC all rights reserved.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。