何が芸術で、何がそうでないのか


何が「芸術」で、何がそうでないのか


3月11日以来、自分に何ができるのか、と自問自答した日本の、世界の人びとは多かったでしょう。

芸術家や芸能人、文化人は自分に何ができるのか、と自問自答し、さまざまな行動をおこしている。

消費社会のなかで、あらゆる「もの」は、記号として消費される運命なのですね。
弁明さえあれば、それは商品になるというのだろうか。

http://hikosaka5.blog.so-net.ne.jp/2011-05-07-1
http://hikosaka5.blog.so-net.ne.jp/2011-05-09
他にもあるがこれ以上はよそう。
これはチャリティー作品と作者はいう。「作品を販売した収益の全額を東日本大震災の義援金として寄付いたします」というから、これは「良い事」なのだろう。

僕は心を痛めてしまった。

コメント

非公開コメント