中国雲南、タイ、ラオス、ビルマの人、生活、そして音楽。 ひょうたん笛(葫芦絲)演奏者が綴る「おと」、「ことば」  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070111155225.jpg



張興榮著 2006年
「雲南原生態民族音楽」(CD1枚付き)
中央音楽学院出版社

 
すでに張教授の研究の集大成として出版された「雲南特有民族原生音楽」,

20070111154501.jpg



ならびCD10枚セットの「巓――雲南民族原生音楽」を民族音楽の教材としてまとめたもの。

雲南省にすむ26民族のうち、特に雲南省に多い16民族の音楽を扱っている。
音楽・楽理学習者―中級者向け。

ほとんどの資料は筆者が20年以上かけてフィールドで収集した音楽。
コメント
コメントの投稿
 
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://asianmusic.blog50.fc2.com/tb.php/17-2d5d3faf
この記事にトラックバックする
 
 
 
 
 
 
 
 

copyright © 2006 People, Life and MUSIC all rights reserved.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。