中国雲南、タイ、ラオス、ビルマの人、生活、そして音楽。 ひょうたん笛(葫芦絲)演奏者が綴る「おと」、「ことば」  
ご報告 映像作品"Creation and Chanting of Lik Yaat" (こころを架けることば)


先日出席したロシア・モスクワの第6回モスクワ国際映像人類学映画祭のDebut Competition部門にて最優秀作品賞を受賞いたしました。ご声援ありがとうございました。

VI Moscow international festival of visual anthropology
(第6回モスクワ国際映像人類学映画祭)
時間:2012年10月8-12日
場所:ロシア・モスクワ
詳細:http://visant.etnos.ru/fest/mifva_6_e.php
    http://visant.etnos.ru/index_e.php

    ITO_SATORU_Lik_Yaat_2.jpg
Tittle: "Creation and Chanting of Lik Yaat"
タイトル「こころを架けることば―リック・ヤートの創作と朗誦―」




Directort: Satoru ITO
Year of Release: 2011
Duration: 29 min 57 sec
Country of Production: Japan 
Location: Dehong Prefecture, Yunnan Province, China
Language: Tai / Shan (English sub / 日本語字幕)

Dehong Tai (Shan) people embrace Theravada Buddhism. In order to live better in this world and the next, they perform dignified rituals and acquire "merit". For the rituals they spend years and save money, then they do a good deed, such as contributions to the Buddhist statues and to building the bridges. Chief donators commission an intellectual to write historical scriptures to hand down the good deed to posterity. It is called "Lik Yaat" in Tai and written with beautiful words and rhyme. The film follows a woman Wan Xiang-ya, who strives for the tradition of Lik Yaat.

screening & Award
12th RAI International Festival of Ethnographic Film
http://raifilmfest.org.uk/film/festival/2011/home/programme

Worldfilm festival -9th edition in March 19th-25th 2012 in Tartu
http://www.worldfilm.ee/

The Best Debut Film Award, Debut Competition,
VI Moscow International Festival of Visual Anthropology ≪Mediating Camera≫
http://visant.etnos.ru/fest/mfiva_6/program_e.php


監督・撮影:伊藤 悟
撮 影:中国雲南省徳宏州
民 族:タイ族(シャン)
時 間:長編58分 / 短編29分57秒
撮影年:2007年~2011年
制 作:長編2012年 / 短編2011年
言 語:徳宏タイ語
字 幕:日本語/英語
規 格:HD Video(NTSC)
制作地:日本
協 力:ワン・シャンヤー、シャンヤー芸術団、ほか

概要:
 この作品は、失われつつあるタイ族の伝統を守ろうと奮闘するワン・シャンヤー母さんの活動を追い続けるなかで生まれた。彼女はことばの技巧に優れ、その美しい朗誦の声は人びとから絶賛を博す。おそらく、彼女は男性上位社会のタイ族史上、最初で最後の女性の「リック・ヤート」執筆・朗誦者になるだろう。本作品では、彼女の、美しいことばを歌うように詠む声と、その響きを聴く人びとの情動と感性を映像に収めた。
 タイ族の村落では上座仏教が信仰されており、輪廻転生観のもと、人びとはよりよい来世のために積徳に勤しむ。とくに最大の積徳行といわれる儀礼「ボァイ・パラ」の開催は、人びとの宗教生活の目標といわれている。在家者は長い歳月をかけて貯蓄した財産を投げうって儀礼を主催し、高価な仏像を寺院に寄進する。このハレの儀礼を記録するため、施主は知識人に依頼し、一冊の経典「リック・ヤート」を執筆してもらう。執筆者は仏の代理として「リック・ヤート」を創作し、朗誦する。美しいことばと声が、一族の私的な記憶と善行を悠久の仏教史の末端に架け、彼らの「歴史」を生みだす。


国際映画祭上映歴(短編作品):
・Royal Anthropological Institute(RAI)12th RAI International Festival of Ethnographic Film, Wiley-Blackwell Student Film Prize(第12回英国王立人類学協会国際民族誌映画祭)
・The 9th World Film 2012 - Tartu festival of visual culture(第9回タルト国際ドキュメンタリー映画祭)
・The 6th Moscow International Festival of Visual Anthropology, 新人部門最優秀賞 (第6回モスクワ国際映像人類学映画祭)

授賞について(英語)
http://visant.etnos.ru/fest/mifva_6_e.php
コメント
コメントの投稿
 
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://asianmusic.blog50.fc2.com/tb.php/191-7b2a9dfb
この記事にトラックバックする
 
 
 
 
 
 
 
 

copyright © 2006 People, Life and MUSIC all rights reserved.