中国雲南、タイ、ラオス、ビルマの人、生活、そして音楽。 ひょうたん笛(葫芦絲)演奏者が綴る「おと」、「ことば」  
お知らせ
 
 ☆ 国立民族学博物館にてマルチメディア番組『徳宏タイ族のうた』公開中
    (2010年6月より みんぱくビデオテーク)

 ☆ 「これまでのライブ履歴」

 ☆ フルス(葫芦丝)注文の仲介します
   春の注文は締切ました。
   次の引渡しは2016年秋以降になります。お問い合わせください。
   詳細は『コチラ』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
細工 その2

いよいよ帰国1ヵ月半前なのでタイ族の母から頼まれていた仕事を毎日こなし、またタイ族のアンティークを集めてまわっている。といってもアンティークの本物はそのままに持ち主に大切に所有してもらって複製を作る。細工も同じで、いろいろ見た細工を年寄りの職人などに頼んで作ってもらう。

手元に写真がある徳宏タイ族の細工をここに紹介します。


Silver_3044.jpg
前回も紹介したの腕輪。こちらは今も徳宏の北側で欠かせないアイテムです。


細工

雲南やビルマ、タイ、ラオスにはさまざまな細工がある。精巧さでいえばタイの職人は技術がしっかりしている。ここ徳宏の人々も結婚式や葬式ではは欠かせないアイテムのひとつ。

Silver_3044.jpg

はあるときには仏像の心となる。寺の柱や仏塔の基礎にはグン・サンタットとして白く輝くを埋める。あるときには家の梁に命を吹き込む。そして死者にはの粒が7つ、口に含まされて埋められる。また、地域によっては亡くなった両親の口に含ませた銀を息子たちが指を入れて探す。見つかれば子孫繁栄、みつからなければその親は財産をあの世にもっていった、ケチだった、なんて言われる。

それから、子供を悪いピーからまもるための魔よけにもなる。女性たちのおしゃれのためにボタンや髪飾り、ピアス、ビンロウをかむおばあちゃんのための石灰小箱。もちろん、かつてはひょうたん笛のリードにも銀は使われた。
そして銀は結婚するときに男性が女性に送る腕輪となる。

竹と共に生きる 

日本から戻り、落ち着くまもなく忙しく日々が過ぎていった気がする。
こちらも夏。雨季に入っている。山が近くに、はっきり見えるような日々が続く。たまに夕焼けが空に広がって雲の陰と太陽の紅の陽射しがうっとりするような景観を創ってくれる。

なんだかんだずっとタイミングが悪くて買っていなかったバイクも手に入れた。
風を切って走る!でもあちこち開発で砂を積んだトラックが猛スピードで走っていて、砂埃がすごい。

最近、タイ族の母の生まれ故郷の親戚の家に厄介になっている。村のあるおじいさんから竹細工を習うために。

「私の息子をよろしく。」それだけ言い残してタイ族の母は忙しく頼まれた「功徳書(お経)」を書くために毎日あちこち飛び回っている。

IMG_0057.jpg



よみがえらせた竹細工

B0015282.jpg


僕は音楽だけが好きだからここにいるという理由はない。もちろん音楽も好きだけど、ものづくりの「わざ」も大好きだ。音楽も僕自身が演奏してうたうから、ものづくりも自分でやってみたいから、根底にある「わざ」を学ぶ姿勢、わざの魂を自分の身体に取り込もうとすること、それは同じだと思っている。

思い出の布

RIMG1693.jpg



これまでタイ族の布については何度か紹介してきた。

いつものようにタイ族地域の都市部から農村部へバスに乗って行く。
村に行くことのひとつの楽しみは、都市部では見かけなくなったタイ族の布「マン・ガイ」で仕立てた服を着ている老人たちに出会えることだ。

20070711134211.jpg 20070711133821.jpg


珍しいことに乗り合わせたバスに、3,4歳の女の子がこのマンガイで仕立てた服を着ていた。
まわりの老人たちやおばちゃんたちは懐かしそうに無邪気な女の子を見つめて笑っていた。

 
 
 
 
 
 
 
 

copyright © 2006 People, Life and MUSIC all rights reserved.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。